2007年11月18日

六ヶ所村ラプソディーin鴨川

なんか面倒くさそうとか。楽しければいいんだよ。とか。難しそうだしなぁ。とか。わかるわかるその気持ち。私もそうでした。この映画を見るまではね。そしてサーファーとして単純に波乗りできなくなったら何しようかな??って考えても何もでてこないんですよね。

という事で「六ヶ所ラプソディー」という映画を鴨川で上映します。

詳細は続きを。
映画「六ヶ所ラプソディー」上映会in鴨川

■日時:2007年12月9日(日)13:00〜/17:00〜
■場所:鴨川市市民会館
〒296-0001 千葉県鴨川市横渚808-33
tel 04-7093-1131
http://www.city.kamogawa.lg.jp/0003/0047/

■タイムテーブル
[一部]12:30開場 13:00〜15:10上映
[トークセッション]15:30〜16:45
[二部]16:30開場 17:00〜19:10上映

■入場料 前売り1.000円/当日1.200円/高校生以下無料

■お申し込み:氏名、連絡先(電話番号またはメールアドレス)、枚数、希望の部、ご質問等明記の上、下記予約メールアドレスまで。
kamogawa_rokkasyo@ybb.ne.jp(オグリまで)

また下記チケット取扱店で直接ご購入頂けます。

■チケット取扱店 

鴨川>ノンキー・サーフ&スポーツ:04-7093-4991
   インディアンジュエリー・スー:04-7092-5332
   グレースサーフボード:04-7092-0188
   サーフショップ・ブルーム:04-7099-0828

南房総市>テトラスクロール:0470-47-5822

君津>スタジオカレント:0439-37-3738
   バニヤンカフェ:0439-55-4466

館山>SEED美容室
※取扱店舗拡大中!
詳しくはhttp://rokukamo.exblog.jp/
■お問い合わせ
電話:04-7098-2370(アンコモンクリエーション)
メール:kamogawa_rokkasyo@ybb.ne.jp
主催:鴨川で「六ヶ所ラプソディー」を上映しよう会
後援:鴨川市教育委員会
協力:サーフライダーファンデーション・ジャパン、未来たち学校、アースデイ千葉実行委員会、鴨川自然王国(T&T研究所)
   生活クラブ生活協同組合、K-SOS(鴨川青少年オーシャンスポーツ振興会、遊学の森トラスト、NPOうず

トークセッション参加者

木下デヴィット氏 国内はもちろん、世界の舞台でも活躍するトッププロサーファーで2004年にJPSAグランドチャンピオンに輝く。現在JPSA(日本プロサーフィン連盟)の選手会長。またサーファーの立場から再処理工場について活動している。数えきれない程、世界の海を見てきている彼の経験、信条から、海の大切さや自然のあり方などサーファーの視点から伝えています。現在は千葉県勝浦市在住。

水口憲哉氏 東京海洋大学名誉教授 千葉県いすみ市在住。いすみ根の提唱者。自宅にて資源維持研究所を開設。人と魚と水の関係を研究する。夷隅東部漁協組合員。著者に「釣りと魚の科学」「海と魚と原子力発電所」「放射能がクラゲとやってくる」など。人間生活と水産業のあり方をさまざまな側面から提言されています。


きくちゆみ氏 東京・下町生まれのちゃきちゃきの江戸っ子。マスコミ、金融界を経て、1990年から環境問題の解決をライフワークに。911事件をきっかけにグローバルピースキャンペーンを立ち上げ、米紙への全面広告やハリウッドへのビルボードを実現。ヒット作は「戦争中毒」。911事件の真相を追求した「911ボーイングを捜せ」「911の嘘をくずせ」、米国の外交政策の本質を描いた「テロリストは誰?」の日本語版を制作し、配給中。現在、鴨川在住。


司会:上田真寿夫・・・サーフライダーファンデーション・ジャパン初代事務局長。鴨川市海作り会議
にも毎回参加し、日本の沿岸域総合管理のあり方を提言している。


以上 
みなさん おき楽モードできてください!

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
お疲れ〜 俺なりに動いてみたけど動員出来るかだな 否定か他人事か身近に感じて無いのが大半だった 人を動かすって難しいな〜     
Posted by shige at 2007年11月27日 21:15
これは誰のせいでもなく まわりの人が知らないのはマスコミのせい。テレビとかで騒いでいたら絶対に興味を抱くから。今は伝える時なのかもね。でも君の努力には感謝です。
Posted by ルーピー at 2007年11月28日 08:54